なぜイギリスはEUを離脱したのか??

イギリスは2016年6月23日に行った国民投票の結果、離脱支持51.89%、残留支持48.11%という僅差で欧州連合(EU)から離脱することになりました。 しかし、なぜイギリスはEUを離脱したのでしょうか??

一言で説明するなら移民問題

EU離脱の理由は移民問題に嫌気がさした結果です。 EUが「開かれた国境」という理想を掲げながらも、統治能力、危機対処能力の欠如が白日の下にさらけ出す結果となりました。

なぜ移民が押し寄せてくるのか?

EUは人、物、資本、サービスの「4つの移動の自由」の原則があります。 しかし、国によって、生活水準や最低賃金は大きく違うため、当然、域内自由移動の原則に基づき、生活水準が低い国から生活水準の高い国へとより良い労働、生活環境を求める「労働移民」、「欧州移民」が必然的に押し寄せてきたわけです。

特にEUが2000年代に入って東欧諸国へ拡大したことに伴い急増しました。 ポーランドやルーマニアなどEU域内からの英国へのこうした移民は、2004年~2015年までの11年間で100万人から300万人へと3倍に増えています。

英国紳士のイメージがある英国だけに移民に対しても寛容な政策だったことが、更に移民の増える原因でした。 例えば、EUが2004年に東欧など10ヵ国を新規加盟させた際、加盟国は新規加盟国からの移民に対し7年間の就労制限を認められました。 ほとんどの加盟国がこの権利を行使する中、当時のブレア英労働党政権は東欧からの移民に門戸を開放する政策を取りました。 そんな中、キャメロン首相は2010年の政権発足時に移民の規模を「年間数万人」に押さえると約束しましたが、 2015年の英国(人口6400万人)の純移民増は36万人にも増えました。 その中でもEU域内からの移民は約18万人になります。

移民が押し寄せてきたら問題があるのか?

同じEU加盟国から人が来るだけだと思うかもしれませんが、移民が来る前と後ではイギリス国民の生活が大きく変わりました。

治安の問題

2015年にシリアなどから100万人もの難民が欧州に押し寄せた未曽有の難民危機、2015年11月のパリ同時多発テロなど過激組織「イスラム国(IS)」の影響を受けたホームグローン(欧州育ち)テロリストによる大規模なテロの続発しました。

社会保障の問題

移民に対しても社会保障や教育面などで自国民と同等に扱わなければならいため、病院や教育など納税しているイギリス国民と同じ公共サービスが受けれます。 そのため、病院では移民もイギリス国民も平等に受診できるため移民が増えすぎるとイギリス国民は移民が来る前と比べて待ち時間が何倍もの何時間になったりするわけです。 しかも、その数が1年間で36万人も増えたことを考えるとその影響は簡単に想像できると思います。 更にこの問題が病院だけに留まらず、雇用や公共住宅において労働者、低所得者層を中心にありました。

教育の問題

小学校などでは英語の話せない生徒が増えすぎて授業にならないなどということが起きています。 今まで通りに学校に行くと、言語の問題で学級崩壊が起きているわけです。 一部のお金持ちしか行けないような学校ではこのようなことはないかもしれませんが、一般的なイギリス国民にとっては大変です。

雇用の問題

最低賃金が低い国から大量の労働力が入って来るということはイギリス国民の中でも賃金の安い仕事をしている人にとっては 死活問題です。自分と同じ仕事を自分より安い賃金で働く人が増えるわけですから、当然イギリス国民の失業者が増えます。

独立国家としての権限の問題

国民感情として議会制民主主義の母国・英国では、民主主義を育んできたという自負から、EUの非民主的な在り方。 また、成文憲法を持たず、慣習法を尊重する英国が自国の最高裁の上にEUの欧州司法裁判所をいただくことは、EUによる「法的植民地化」 とも捉えられることへの批判などです。

移民が押し寄せてくることのメリットは?

一般的なイギリス国民にとってはデメリットが多いですが経営者からするとメリットがあります。 毎年、大量の低賃金労働者がやって来るからです。 経営者からすれば同じ仕事をするなら賃金の安い移民を使った方が利益が出るのでこれを使わない手はありません。 雇用する人をイギリス人から移民に変えるだけで利益が増えるわけですから。

まとめ

一部の裕福なイギリス国民にとっては移民が増えることによるメリットを享受できる人もいますが、イギリスの大半を占める 中低所得者層からすると、イギリスがEUに加盟することによるメリットは何一つ感じられないうえ、デメリットが多すぎるのです。 そんな中、中間層以下が多いイギリスにとってEU離脱した方がいいのではと考えるのは当然のことかと思います。

世界の経済状況や投資についての情報を発信していますので、是非ご登録ください。 無料メルマガ登録

関連記事

・なぜイギリスの通貨はユーロではなくポンドのままだったのか?EU(欧州連合)とは簡単にいうと何なのか?FX初心者が勉強すべき『投資家心理』とは?勝ちトレーダーは知っている。  

最初のコメントをしよう

任意

*