勝てないFX初心者の負けパターン5選!これを直して勝ちトレーダーに!

勝てないFX初心者の負けパターン5選!
まずはこれを直して勝ちトレーダーに!

FXを始めて安定して利益を出したい。でも現実はなかなか勝てていない。
自分がFXを始めた当時の負けパターンをまとめてみました。

この特徴に当てはまらないようにするだけでも成績はかなり改善される!ハズ!

根拠なしの逆張り!(自意識過剰の勘違いフルスイング型)

限られた時間の中でトレードをしていると、

・早くエントリーしたい
・ずっと下げ続けてるのでそろそろ上昇するんじゃないか
・そろそろ前の最安値安値付近なので下落から上昇に転じる頃か
・たぶん、この辺でさすがに転換点だろう

というような根拠のない(薄い)エントリーをしてしまっていませんか?

私はよくやっていました。
日足で100pipsほど上昇している相場の調整を売りで10pipsとって喜んでるときもありました。
素直にロングしておけば放っておいても利益が残せるわけですが、、

5分足や15分足だけ見て順張りだとそろそろ転換点がきてしまうのではないかという気になってしまし、5分足レベルで引いた前回の最安値付近まで来ると反転して上昇すると思ってのエントリー。

転換しなければ、下げるたびに追加の買いを入れてながら転換を都度期待するパターン。

これって、たまたま気になる異性とたまたま視線が合ったら、自分に気があると勘違いして全力でアプローチするのと近いパターンですね。

これが、1時間、4時間、1日の中で何度もあったりするとそれは勘違いではないかもしれませんが、たまたま5分くらいの間で1回視線が合って、もしかして、自分に気があるのではないかと思ってしまうのは完全に『自意識過剰の勘違いタイプ』です。

例えばこのチャート。ドル円の15分足のチャートです。
これを見たときに、これから更に下げると思いショートしていませんか?

これを1時間足でみてみると

更に4時間足だと

4時間足で見ると、まだまだ移動平均線の上です。

5分足や15分足足という短期間だけのチャートで相場の動きを判断してしまうと大きな勘違いと損失を出してしまいます。

今回のチャートのケースでは取り返しのつかない損失になるパターンでした。

根拠なしの逆張りはかなりのリスクを伴う上、確率が低く、結果がでてくるまでに時間がかかるということを認識しておかなければなりません。

どういうタイプが結果が出やすいのか、しっかりと勉強が必要ですね。

損切りの先延ばし!(だらしない優柔不断型)

エントリーと同時に反対方向に動くことなど、自分が思い描いたシナリオとは完全にその通りにはいかないことはあります。
しかし、それは想定の範囲内でなければいけません。

数年間も損失を我慢できるだけの証拠金と覚悟があるのであれば別ですが。

投資は損小利大でなければ利益を得ることはできません。

全てがプラスになればいいですが、長くFXをしていると、なかなかそういうわけにもいきません。

私も最初は損切りができず、シナリオ通りにいかなくても損切りせずにずっと放っておけばプラスになると思っていたこともあります。

そして、それが結構うまくプラスで終わることが多く損切りしないということを続けていました。

しかし、長くやっていると、価格が戻ってこない場合もあります。

例えば、このチャート。

底が硬いと思ってロングすればしばらくは含み益の状態になりますが、結局下落します。
緑の点線のところでもしかしたら戻ってくるかもと期待してしまうかもしれませんが、残念ながらの結果となります。

価格が戻ってこなくなると、損失額が大きすぎて損切りできず、神頼み的に価格が戻ってくることに期待したりしてしまいます。

結局、戻らずにもう損失に我慢ならないと思ったときにはとんでもない損失を出してしまいます。

特に、一時的に含み益を抱えていたのがマイナスになり、マイナスを膨らませてしまうと、また戻ってくるとなぜか期待してしまいうことがあります。

一次的にはプラスになったわけなので、思い通りにはならなかったけど、また戻ってくるのではという根拠のない期待。

一時的にはプラスになったからといってまたプラスになるかならないか分からない、もしくはもう、自分のシナリオ通りの展開ではなくなってしまった場合は損切りをしましょう。

そして、再度シナリオをたて直してエントリーしましょう。

過去のプラスを引きずっていてもプラスになるとは限りません。

含み益が出たらすぐ決済!(含み損だけ我慢するタイプ)

エントリー後に少しマイナス、その後、プラスになったり、大陽線や大陰線が出てプラスが伸びるとすぐに利益確定していませんか?

自分のシナリオ通りに動き、安心し気持ち良くなってしまうと、その気持ちいい状態をさっさと終わらせてしまっては、大きく利益を伸ばすことはできません。

何かと理由をつけて早く利益を確定させてしまいたい!

その気持ちはよくわかります。しかし、トレンドは押し目を付けながら伸びていきます。

例えばこのチャート、ドル円の15分足です。
下値を切り上げ、高値更新の上昇トレンドでのブレイクアウトでロング。
こんなところで利益確定してしまっては勿体無い!

この後のチャートはというと結局まだまだ伸びていきます。

利を伸ばさなければ利益は出ない。
しかし、こればっかりは分かっていても、なかなかできない。
そういう人が多いのではないかと思います。

特に、トレンドの初動は強めの戻しも多く、5分足でトレンドフォローでブレイクアウトのロングだと損切りラインの設定幅が狭いと損切りに引っかかってしまうかもしれません。

チャンスを待てず常にポジションをもつタイプ(ポジポジ病)

自分のトレードルールではエントリーするところではない。
けど、チャート画面の前にいるとついついエントリーしてしまう。
そんなことありませんか?

自分のルールではエントリーポイントではない。でも何となく下がりそう、または上がりそう。スキャルピングならできるかなと思ってついつい手を出してしまう。

今日は1回もエントリーしていないし、ちょっとくらいなら何とか。

どうなれば損切り、という条件がない中でエントリーしてしまってはついつい損切りできずにズルズル含み損を抱え、気が付いたときにはトレンドを形成してしまっていた。

ついついエントリーしたポジションを損切りしてしまうと、ムキになってどてんのエントリー!とついついまたポジションを持ってしまう。レンジなのに、ブレイクアウトばかり重ねてみたり。

何とか損失を取り返そうとムキになってロットを増やしてトレードなど。

私自身、損失を出していた時の一番の原因はこれだったかもしれません。

また、FXを始めたばかりなのに、

・トレンドフォロー
・逆張り
・スイング、デイトレ、スキャルピング

など、様々な時間足で様々な手法を全てを同時に試してしまうと、どの手法が自分にとって勝率が高いのか、それぞれの課題と改善点などの検証ができません。

全てがうまくいけばそのまま続けて行けばいいのですが、改善が必要になったときにどうしようもありません。

もし、いくつもの手法を同時に試す場合はそれぞれの手法や時間足によってFXの口座を分けて、検証できる環境を整えることをおすすめします。

口座開設についてはこちらを参考に

海外FXも口座開設すべき3つの理由!|ハイレバ以外の特徴、おすすめ海外FX業者

 

注文間違い(ロングとショートの逆エントリー)

単なる凡ミスですが、これをやったことのある人も多いはす!

いつもPCで取引しているのに外出先でスマホ片手にトレードした時など、注文数を間違えたり、通貨ペアを間違えてエントリーしてしまった。

また、押し目買いのチャンスと思ってクリックしたつもりがショートを押してしまった。

マウスを掴むときに間違ってクリックしてエントリー、決済してしまった。

などなど、凡ミスって結構あるもんだと思います。私も結構やってしまってます。

この凡ミスでのエントリーパターンは様子を見て決済しようなんて思ってると、運悪く損失が膨らんでしまうこともあります。

こればっかりは注意しましょう!

まとめ

何かしら当てはまるところもあったのではないでしょうか?

FXはメンタル!

とかいう方もいらっしゃいます。

メンタルというのが、含み損にいかに耐えられるかという意味であればそれはメンタルの問題ではなく手法やシナリオの建て方の問題だと思います。

しかし、エントリーポイントではないのにエントリーしてしまったや、損切りできなかったなどという自分自身の中のルールを破らない、欲に負けず、決められたことを決められた通りにしっかりやる。

このメンタルは非常に重要かと思います。

手法を決められた通りにやっていれば、トータルでは負けない。そう思います。

もし、手法をしっかり勉強したいという方はこちらからメルマガの登録お願いします。

無料メルマガ登録はこちら

 

オススメ書籍はこちら

最初のコメントをしよう

任意

*