カルロス・ゴーンの父親も逃亡犯だった!?日産事件と重なる部分も

カルロスゴーンの父親の知られざる素性

カルロスゴーンの父親(ジョージ・ゴーン)とは

実父、ジョージ・ゴーン(アラビア語名はゴスン、2006年に死亡)

出生:レバノン

職業:マフィア?(ダイヤモンド、金、外貨、麻薬の密輸業)

犯罪歴:殺人、賄賂、偽札、脱獄、

判決:死刑、禁固刑(15年)

1960年4月17日(密輸、殺人)

被害者:ボリス・ムスアド神父。
加害者:ジョージ・ゴーン(当時37歳)+4名
経緯:
神父に密輸を依頼し利益を分け合う関係がこじれ、「神父の欲深さに腹を立て、仲間をけしかけて脅していたら、神父を殺害してしまった」
「ただの脅しのつもりが最悪の結果になってしまった」
息子のカルロス・ゴーンは6歳(6歳から17歳まではレバノン生活)

1960年(賄賂)

バアバダー刑務所にて看守たちに賄賂を配り、刑務所のドンに。

昼間は刑務所外で過ごし、夜は刑務所に戻る形で、
近くに開いた賭博所で看守や囚人たちをおもてなし。

同年の8月4日、仲間11名が脱獄失敗。ジョージは逃亡しなかったが、
脱獄に失敗して逮捕された仲間に裏切られ、バアバダーの地方検事、予審判事、刑事裁判所長の殺害計画をしているとのことで

1961年1月9日に死刑判決を受ける。

1970年:模範囚となり出所

1970年(偽札所持、販売)

刑務所から出所した4ヶ月後、3万4000ドルの偽札を所持して逮捕。

100万ドルの偽札をすでに販売。

再度15年間の禁固刑に

1973年:刑務所内で自殺未遂事件

1975年初頭(脱獄)

レバノン内戦の混乱に乗じてベイルート脱出に成功

ジョージはブラジルのリオデジャネイロに逃亡

ブラジルでビジネスに成功。

2006年に死亡

 

最初のコメントをしよう

任意

*