NHK職員の平均年収は1126万円と高すぎる!?職員の給料と受信料は安くすべき?

NHK職員の平均年収は1126万円と高すぎる!?職員の給料と受信料は安くすべき?

あなたの家のインターホンを鳴らし、NHKの受信契約を迫るスタッフ。 その給料があなたの給料の3倍でもあなたはNHKの受信料に納得できますか?

日本の平均年収は約420万円(2016年)に対し、NHKの平均年収は11264657円! と平均給料の3倍近NHKの給料は観てもいなくてもにテレビ(受信設備)があれば強制的に支払わないといけない上、玄関に取り立て屋のように来るNHK職員やNHKから委託先の給料。

その給料が平均的な給料であればなんとも思わないかもしれませんが、その給料が平均の約3倍と知ると、受信料って高すぎ?もしくは払う必要あるのとまで感じてしまう人も多いと思います。 テレビがないといえば、車のワンセグ、携帯端末にもテレビがついてるだろうから支払えと勝手に決めつけて支払いを迫ってくるのは納得できないところもありますね。

そこで取り立てにくるNHKの給料について調べてみました。

NHKの役員の給料(年収)、会長は内閣総理大臣よりも高い!

役員報酬を見てみると会長の年間役員報酬が3092万円内閣総理大臣の年収は2,846万円より高くなっています。 電力会社の役員報酬は福島の原発事故以前は一人当たりの平均が5000万円くらいありました。 しかし、電気は基本的には利用した分を支払いますし使わないなら止めることができます。 ガス、水道も同じくベースが高くなっています。 一方、NHKはテレビがあれば受信料は観ても観なくても法律上、支払わないといけません。 にもかかわらず、これがNHKの役員報酬です。

NHK職員の年収、基本給料体系と給料以外の手当てとは?

NHKの平均給料は11264657円!

HPの記載では 大卒モデル年収では、 ・30歳で540万円 ・35歳で677万円(平成28年度)です。

NHK職員の基本給とは

初任給は一般企業と大きな差はありません。(平成28年度) ・大学卒:月給213360 ・大学院(修士)卒:月給226360 

これをみると、普通もしくは少し低いようにも思います。

管理職については年俸制で、平成28年度の基本年俸は、 ・課長クラス(D1):933.4万円 ・部長クラス(D5):1202万円 ・局長クラス(D8):1,459万円となっています。

これだけでも世間一般からすると高いと感じると思いますがこれらの給料や年俸には手当が全く入っておりません。 NHKはその他の手当が充実していることで有名です。

NHK職員の給料以外の手当て

一般職であれば

・賞与 ・世帯給(扶養家族の数や子供の年齢によって変わります) ・基準外賃金(時間外、休日出勤など) ・手当・日当(地域間調整手当、住宅補助、単身赴任手当、寒冷地手当、特定日当)

管理職では

・賞与 ・住宅手当、単身赴任手当 ・役職手当、地域手当等 ・特定日当

それぞれの額ですが月にそれぞれで数万円程度は支払われているようなイメージです。NHKHPより。

給料をもらう側としては手厚くていいですね。 その給料の財源としてNHKの受信料を支払う側としてはちょっと納得できないところもあるかもしれません。

NHKの集金人の給料とは?集金の大半はNHKの外注の外注先

あなたの家のチャイムを鳴らし受信料の契約締結を迫る人はNHKの職員ではなく業務委託先の社員であることが大半です。 そして、そのスタッフの給料も意外に高く、求人サイトからの給料モデルを抜粋します。

【年収モデル】 600万円23歳(入社1年目 営業職 中途採用) 720万円27歳(入社2年目 営業職 中途採用) これは都内にあるNHKの受信料の集金を依頼されている企業の年収モデルです。

なぜ、NHKは集金人を外部に委託するのか?

強引な契約の締結を可能にする

外部に委託すれば管理責任を押し付けることができるため、訪問販売法の規制を受けないので24時間対応ができるわけです。 NHKがこれをすると大問題になりますが、外部委託すると責任は生じません。 NHK側からすれば批判された場合に、委託先には厳しく指導するとともに、徹底した教育を行います。 くらいのコメントで済まそうとしてるのではないかと思われます。

専門の業者にお願いできる

委託先として個人宅訪問営業になれている会社や委託事業を生業とする会社、人集めが優れている会社、営業代行を生業にする会社が多いため、効率よくNHK契約・収納業務を可能になります。 NHKは、一般国民が「公共料金」として、食費や他の生活費よりも優先的に受信料を支払う善意を持っていることに便乗し、「公共放送機関」としての最も重要で最も基本的な義務と責任を第三者に丸投げしているということです。

コンプライアンス上のリスクを取るくらいなら多少、高い金額でも外注してしまった方が総合的に考えて メリットが大きいからですね。

まとめ

NHKの給料は総じて高く、基本給、賞与、手当も充実しています。 NHKに就職するにはいい会社かもしれませんが、観てもいないNHKの受信料を強制的に支払わせるシステムは改善をお願いしたいところですね。 NHKの電波にスクランブルをかけるかテレビ自体にNHKが映らない設定の商品を開発し販売をお願いしたいところ。法改正してもらうのもいいかと思います。 そもそも、NHKを観なくてもYouTubeAmebaTVで正確な情報がとれます。 ベンチャー企業でNHKのスクランブルをかける機器を販売すると儲かると思いますね。

収入を上げるための経済、投資の情報を発信していますので 興味のある方は是非こちらから登録してみてください。 無料メルマガ登録はこちら

関連記事

NHKの合憲判決、実はNHKの敗訴だった!(2017年12月6日)  国会議員の公開資産はなぜ少ないのか?その少ない理由とは?   

最初のコメントをしよう

任意

*